So-net無料ブログ作成
検索選択

やっと跳ね上がった勝鬨橋?(前編) [スポット]

IMG_0553n_800.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                   IXY900IS

「跳ね上がった勝鬨橋」と思いしや、これは”画像編集”です。

隅田川に懸かる勝鬨橋は跳ね上げ橋で、高さのある船を通すための構造です。

自動車の交通量が増え、渋滞を避けるため昭和45年以来開いていません。

ぜひまた開いてもらいたいものです。

勝鬨橋を開く会があるくらいです。

それならば!ということで、フォトショップエレメンツを使って無理やりゲートを上げてみました。

ま、どうにか上がったかな(笑い)

続きを読む


nice!(21)  コメント(24) 

き~いよ~し~♪はもう近いけど、清洲橋(後編) [スポット]

IMG_0500a_800.jpg

                                                              IXY900IS

                前回の続きで、松尾芭蕉会館を出て萬年橋を渡り「清洲橋」たどり着きました。

        この橋も古いだけあって、見た目ガチャピンです。

        私はこれをデカリベット工法と呼んでます(笑い)

続きを読む


nice!(21)  コメント(14) 

き~いよ~し~♪はもう近いけど、清洲橋(前編) [スポット]

IMG_0465b_800.jpg
                                                                        IXY900IS 
隅田川に懸かる橋で一番好きなのが「清洲橋」である。
女性に例えられるこの吊橋はドイツにあるケルンの大吊橋を参考に昭和3年に完成しました。
よくドラマのロケ地に使われていて、バブルの頃では「男女7人夏物語」が有名な作品です。
ちなみに主役を演ずる明石家さんまの住んでいた設定のマンションはこの写真で向かって一番右の建物と思います。
その中に登場する個性的キャラの役の大竹しのぶさんは橋の欄干に手を擦りながらこの橋を渡って来るシーンはとても印象深いです。

続きを読む


nice!(13)  コメント(13) 

千住大橋(後編) [スポット]

練習11_800.jpg
今回は千住大橋の続きです。
ちょっとペンタブで描いてみました。
江戸百景で有名な「広重」を意識にして江戸時代の千住大橋の想像画を描いてみたんだけど・・・(笑っちゃうね)
使用したペンタブは「WacomのBAMBOO COMIC」です。
ソフトは付属の「水彩LITE」を使用。
 

続きを読む


nice!(17)  コメント(12) 

千住大橋(前編) [スポット]

IMG_0424_800a.jpg
                                                                                                                                                IXY900!S           
 
 松尾バンナイ・・・?!じゃなくて松尾芭蕉の”奥の細道”はここから始まりました。
弟子たちに見送られて旅立ったこの橋は「千住大橋」なのです。
 
 
 
 
 
 

続きを読む


nice!(16)  コメント(8) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。